11月20日 千葉県鴨川市大山公民館で開催された、高野孟氏による大山村塾主催講演会”世界地図を「読む」楽しみ”に参加。

 

img_1800

地図を見るのではなく「読む」ことが大事!というテーマですが、現在起きている世界の種々の問題のルーツも地図から読み解けたりするものなんだ・・と色々な気付きを貰えました、うんうん。

大山村塾

高野孟氏は、2007年より千葉県鴨川市大山地区に移住して農耕生活を始めているとのこと。

そこで、講演会等を開催するなど、農耕生活の傍でこういった活動をしてらっしゃいます。

聞いたことの備忘録を少し・・

・地図は、各国オリジナルのものが存在してたりするが、その時の国や時代のナショナリズムを反映している

・文化は西から東へ流れて来ており、日本はその受け皿になっており、受けた他文化を漬物の様に発酵させて味付けてしていたりする

・七福神は知る人は結構知っているが、日本オリジナルの神様は一つしかいない。日本らしさを現していると思う。

他により素敵な言葉、内容がありましたが、参加した人の特権ということで、紹介はここまで。

みなさまも是非参加されてみてはいかがでしょうか?
次回は来年の2月5日だそうです。